ダイエット成功と日本で1番出世した人の理由の共通点?

【脱ダイエットのすす目】

あなたの『脳』に合わせた
1番ラクな生活習慣改善ダイエット
1日1分最速ゆるやせ 
手島正太です。

ダイエット情報は
世の中にたくさんありますが
実はダイエット情報だけでは
うまくできないのがダイエット。

手島正太

日本で1番出世した人の理由の中にも
ダイエット成功の共通点がありました。

目次

難しいことより簡単で分かりやすいこと

世界的に有名な会社、グーグル。
このグーグルの日本人法人社長、
米本社副社長を務めた村上憲郎さん。

幸運もあったということでしたが
その出世できた理由・・・・

実はダイエットにも
共通するところがありました。

社長を務める以前の仕事
村上さんの研究分野は多岐にわたり、
ある程度の知識がないと
他の人と話を合わせることができない。

知識不足のまま提案をしても
的外れな提案をして競合他社に負けてしまう・・・

だから、
多くの専門分野の本を読み漁ったといいます。

それも、本格的な専門分野の本は控えて
字が大きくてスライドが多くて、

なおかつ全体がぼんやり
つかめる程度の薄い本を選んで、
広い知識を身につけていった。

字が多くてスライドが多くて
薄い本だから1時間ほどで全体がわかる。

村上さんは細かいところはわからないまま、
わかることだけ解読する『一知半解』に専念。

一知半解とは?
なまかじりで、知識が十分に
自分のものになっていないこと。

その結果、
大体相手の言っていること、
狙っていることが
「こういうこと言っているんだろうな?」

こんな何となくわかる
という理解を元にいろいろ事を進めていくと・・・

相手の人から
「細かいところは誤解もあるが、
全体的な流れはわかっているな」
という評価を得られるようになっていき
そこから、信頼、そして幸運にも恵まれて

最終的に
グーグルの日本人法人社長、
米本社副社長を務めたということです。

村上さんんは
この『一知半解』の手法をつづけ、
1年間に200冊ほど、
8年間で合計約1500冊の
異なる分野の本を読んだことになるといいます。


すごいですよね。
細かいことわからないまま
とにかくわかることだけに専念して
全体がわかるようになって
最終的に大きな結果を手にすることができた。。。

細かいことより全体像に気が付くと良い


実はこのお話、ダイエットにも
共通するところがあります。

今の世の中、ダイエットの情報が
どんどん細かくなって、
何をやったら本当に
やせられるのかわからなくなって、

ダイエットの情報は追うけど、
行動が変えられない人がたくさんいます。

行動を変えても痩せられないときは・・・
何かがどこか間違っている。

ダイエットで本当に大切なことは
何となくやることがわかったら、
とにかく行動すること。

細かいことは多少の誤解があっても、
とにかく行動することで
必ず結果は変わってきます。

行動しても結果が変わらないときは、
単にそれでは
結果は変わらないということなので

もう少しいろいろなことも見直していく。

そうすることで全体的な事に気が付いて
さらにもう少し改善すると幸運にも
良い結果に出会えるかもしれません。

とは言っても本当は
ダイエット成功は幸運ではなく必然です。

何をやっても痩せられないときは
自己流の間違ったルールで
ダイエット続けていないか?

ちょっとよ~く考えてみることも大切です。

考えないと人はまた
同じことを何度も繰り返してしまいます。

人は何度も同じことを繰り返す
習慣の生き物と呼ぶ人もいます。

ただ、ダイエットって本当は
身体の仕組みに合わせれば
誰でもストレスなくゆる~く楽しく
継続、成功、習慣化させることが
できるようになっていきます。

世の中にはダイエットを
自分の考えでどんどん難しくしてしまう人が
たくさんいます。

あなたは今のままで大丈夫ですか?

ダイエット成功と
日本で1番出世した人の理由の共通点。

細かいことより全体像。
とにかく細かいことより
全体像をつかんでいくこと大切です。

ぜひ覚えておいてくださいね。

【無料】メルマガ登録

※「@icloud.com,@me.com,@mac.com等のアドレス」及び「携帯アドレス」は、メールが届きません。できれば、「Gmailアドレス」をご登録ください。なければ、「パソコンのアドレス」をご登録ください。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

手島正太のアバター 手島正太 1日1分最速ゆるやせ 代表

はじめまして、手島正太です。

今から9年ほど前、当時43歳。実は元々私が今より13kgほど太っていた。体脂肪率も25%以上あったメタボでした。(人生最大85kg、現在63kg、身長173㎝)

大学を卒業後、サラリーマンを3年ほど経験した後に両親が経営していたおむすび屋を15年ほどやりました。42歳の時に、もっとたくさんのお客さんにお店に来てもらおうと、おむすびカフェなるものを試みるも私の計画の甘さから1年で撤退、店舗縮小。

その結果、私は仕事を失いました。

実はこの仕事を失ったことが、いまダイエットの仕事をやっているきっかけとなりました。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる